「小鷹信光文庫 ヴィンテージペイパーバックス」

 「小鷹信光文庫 ヴィンテージペイパーバックス 」が誕生した。

 ネット上で申し込むと、その実物を神田東松下町の「早川清文学振興財団 図書閲覧室」で読むことができるらしい。貸出は不可。
「当財団ではこの文庫を一般読者、研究家に閲覧公開いたします(作品の貸し出しは行ないません。また一部閲覧不可の図書があります)。」
 とある。
 まぁ、ネット上で表紙(カヴァー)を見ることができるだけで楽しい。

倍返し

 たまたま古いポケミスを手にしたら、写真のような目次だった。

Photo

» 続きを読む

デイヴィッド・グーディスがアメリカン・ライブラリーの一巻に収録

 この春、デイヴィッド・グーディスの作品集が、〈ライブラリー・オブ・アメリカ〉叢書の一巻(David Goodis Five Noir Novels of the 1940s & 50s )として収録された。
 編者はジム・トンプスンの評伝でMWA賞を受賞したロバート・ポリート。

Davidgoodis

 この〈ライブラリー・オブ・アメリカ〉は、古典から現代までアメリカ文学の主要な作家を集めた叢書である。

 これまで犯罪小説系では、チャンドラー2冊(Stories and Early Novels 、 Later Novels and Other Writings )やハメット2冊(Complete Novels  、Crime Stories and Other Writings )、そして  Crime Novels: American Noir of the 1930s and 40s と  Crime Novels: American Noir of the 1950s の2冊が刊行されていた。

 すでにグーディス作品としては、有名なDown There (1956)(『ピアニストを撃て』)がAmerican Noir of the 1950s に収録されていたが、なんとジム・トンプスンやパトリシア・ハイスミスを差し置いて(?)、単独の作品集が刊行されようとは。

 このグーディス作品集 Five Noir Novels に収められているのは、以下の5作。Dark Passage (1946) Nightfall (1947) The Burglar (1953) The Moon in the Gutter (1953) Street of No Return (1954) 。このうち邦訳されているのは、The Burglar 『華麗なる大泥棒』(角川文庫)のみ。しかもこれ現在入手は難しい。

 できれば、この5作のラインナップに Cassidy's Girl を加えると、文句はないのだが。おそらく現在のところ、グーディスの次なる邦訳が出る可能性は、あまり高くない。まぁそんなに売れないだろうし。

 しかしながら、このたび〈ライブラリー・オブ・アメリカ〉の一巻に収録されたことで、アメリカ文学における犯罪小説の分野を語るに、この作家は欠かせない、というお墨付きをもらったことでもある。どこかで出してくれないものか。

 また、ちょうど向こうのサイト Mystery * File で、Reviewed by Walker Martin: DAVID GOODIS – Five Noir Novels of the 1940′s and 1950′s. という記事が書かれたばかり。フランスで支持されむこうでは評伝も一冊刊行されていることやパルプ誌で活躍していた時代の作品についても触れている。

 そして、この5作、みな映画化されているのだ。哀しいかな日本ではグーディスのこと、まだ何にも紹介されていないに等しい。という私もこれを機に読破していきたい。

エルロイのインタビュー集が出た

 きょう3月4日はジェイムズ・エルロイの誕生日。64歳になる。
 ということで久々の更新をしたわけではないのだが、ちょうど Edited by Steven Powell "Conversations with James Ellroy" (University Press of Mississippi)が刊行されたので、紹介しておく。

Conversationswithjamesellroy

 1984年のものから全部で22本のインタビュー記事が収録されているのだ。
 興味のあるかたはお読みあれ。

 会話文なので英語がたいしてできなくとも固有名詞さえ知っていれば大まかに理解できる。
 たとえば、1995年のインタビューに次のような箇所がある。
I'd say that Dashiell Hammett taught me much more than Ross Macdonald: and Raymond Chandler, in the end , taught me very little.

 そのあと、ハメットから何を学んだのか、というインタビュワーの質問に、「ハメットの世界観だ」という風に語っている(たぶん)。

 ちなみにハードカヴァー版はいまなら約5300円。ソフトカヴァー版なら2200円ちょいである。

 

長いこと放置しておりすみません

 昨年末より余裕のない日々がつづいており、再開はもうしばらく先となります。
 昨年いろいろと展開したハードボイルドなんたらかんたらの続きも山ほどたまっており、それ以外にもここにふさわしい話題もあるのですが……。
 うまく仕事がはかどれば二月上旬にはいったんすこし間ができるかもしれません。あくまでそれは希望的観測。
 気長にお待ちください。

«サンフランシスコの書店